FFその他日常のできごと


by Ashlain
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

われひとり、闇の玉座へ(実践編)

引き続き闇王ソロ挑戦のお話。

一通り準備を整えたあと、下見ということでズヴァール城内郭へ
足を運びました。なにせ、一度も行ったことのない場所です。
勇んで突撃したはいいけど道に迷った挙句絡まれて敗退、
なんて無残な目には遭いたくありません。

地図を見ながらぼちぼちと進んでいくと、なんかあっさり
内郭に到達しました。
さらに進むと、やはりあっさりと王の間に着いてしまいました。

……あれ?
道中、練習と絡まない楽だけデシタヨ?

よくよく考えてみりゃ、闇王戦って55~60あたりがPTでの
適正レベルって言われてるんですよね。そのレベルなら
十分以上に危険な道中だと思います。

あまりにあっさり到達したので、勢いのままに
突っ込んでみることにしました。
成り行きでサポは白です。

b0008039_21332026.jpg








BCに突入後、イベントを見ていよいよ戦闘です。

まずキャリーを【よびだす】&陛下へ【たたかえ】。
タゲ取ったのを確認してから自分も参戦。

ログを見る限り、キャリーと陛下の与ダメ比は、
陛下1に対してキャリー2~3あたりのようです。
ゲージの削れ方はほぼ同等。
HPの差、ということでしょうか。

ランペやシザーガードを入れながら順調に半分過ぎまで
削ったところで陛下のダークノヴァ。
魔法無効状態です。

さらにがりがりと削り続けていると、いつの間にか本体も
キャリーも与ダメが0になっています。
物理無効に切り替わっていた模様。

一方的に削られるキャリーを何とか【いたわる】で延命
させましたが、治療の甲斐なくキャリー撃沈。

そこからは一方的に殴られるばかりで、
ケアルしようとしては詠唱を中断され、
ハイポだけでは回復が間に合うはずもなく、
本体もあっさりと沈みました。


……やっぱ勝てないのか?
やや凹みつつHP帰還(リレゴル忘れてまして……)。

気を取り直して戦術を再検討します。


問題はやはり持久力。

1匹目のキャリーが生きている間は、累積与ダメの差で
キャリーが確実にタゲを取ってくれます。
つまり、最初のキャリーを可能な限り引っ張る必要があります。

 対策1:最初のキャリーを【使い魔】
 対策2:【いたわる】のリキャストを考え、【いたわる】1回で
      回復しきれないダメージが累積した時点で【いたわる】、
      あとはリキャストごとに【いたわる】

1匹目のキャリーが倒されたあと(これだけで物理無効を乗り切れる、
と考えるのは楽観的に過ぎるでしょう)は、本体が耐えねばなりません。

 対策3:サポを赤に切り替える
     ファランクスとバイオ2で可能な限り被ダメを下げる
 対策4:装備品をMP強化中心に切り替える
     バイソン手 → トレーナーグローブ
     近衛騎士カラー → スターズネックレス

正直これだけでどうにかなるとも思えませんが、他に有効そうな対策を
思いつきませんでした。

まあ、これでダメなら諦めもつこうというものです。

ウィンダスでサポを換え、OPテレポを使ってフォルガンディ経由で
再びズヴァール城・王の間へ。

もう一度イベントを見て、もう一度戦闘です。


【よびだす】【使い魔】【たたかえ】で戦闘開始。
こっそりエンでダメージを追加しつつ本体も殴りに参加、
【いたわる】も早め早めに使い、陛下のガ系は敢えて自分も
範囲に入ってキャリーへのダメージを可能な限り引き下げます。

b0008039_2221245.jpg


何せ、彼こそが誇張でなく私の生命線なわけで。

2アビまで投入した甲斐あってか、かなり粘ってくれました。
が、やはりと言うべきか、物理無効の半ばで撃沈。

マラソンするには狭すぎる王の間で殴られながらひたすら
回復し、物理無効が切れるのを待ちます。

ややあって物理無効が切れ、再び魔法無効状態へチェンジ。
すかさず2匹目のキャリーが大ダメージでタゲを取り、直後に
2度目の物理無効へ。

キャリーが与えていたダメージが比較的少なかったため、
タゲは本体とキャリーを行ったり来たり。
回復して殴られてタゲ外れて回復して殴られてタゲ外れて、の
繰り返しを延々と続け、そろそろ絶望しそうになったところで
ようやく物理無効が時間切れ。

こちらのHPは真っ赤とゆーか2桁、ハイポはあらかた飲み干して
しまい、MPはヤグドリでも追いつかないくらいかつかつです。

2匹目のキャリーは物理無効切れ直後のファイガ2で昇天、
3匹目が辛うじてタゲを取り、第一形態を何とか倒してくれました。


そして闇王陛下、ラスボスのお約束に従い形態変更。
第二形態に進化されました。


改めて戦闘開始……って、こっちのHP2桁!MPほぼ0!
なのにタゲこっち向いてる! Σ(゜д゜|||)

慌てて【たたかえ】して離脱、玉座の上からキャリーと陛下の
一騎打ちを観戦しつつヒーリングに入ります。

物理無効で散々苦しんだあと見る第二形態は、
正直拍子抜けするほどでした。

第二形態唯一の攻撃・インプロージョンは、範囲である点が
怖いのであって、サシになってしまえばどうということもありません。
ダメージ自体はレベル補正で低めに抑えられ、
無敵状態があるわけでもなく、削る速度で上回ってしまえば
あとはただ見ているだけです。

ただ見ているだけというのも味気ない気がして、殴りにいきました。

b0008039_22164695.jpg


……まあそのくらい余裕があったというお話です。

殴りに参加した直後、ついに闇王陛下が崩れ落ちました。

累計ダメージ15,000点あまり。
クリアタイム21分14秒。
経験点14ポイント。

長くて辛くて、本当に疲れました。
正直なところ、2度やりたいとは思いません。

ですが、1度は意地を張ってみてよかったと思ってます。
自分にとってはMaat戦を超えるソロ戦闘でした。


オメデトウ自分。

そして引き続き精進しなさい。
この先にはトゥー・リアへの道が待っています。
[PR]
by Ashlain | 2005-06-22 22:25 | FFXI