FFその他日常のできごと


by Ashlain
カレンダー

<   2005年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

海抜8000mってそのくらいの高度なんだそうで。

空気は地上の1/3。
気温は常に氷点下。
吹きすぎるジェット気流に晒される稜線にあるのは、
決して融けることのない氷と岩だけ。
生きて動くものの姿などそこにはない。
世界の頂点を己の足で踏みしめたいと
願ってしまった者たちを除いては。

そこは、ほんの小さなミスや不運が文字通りの命取りになる世界。


『空へ - エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか』

ジョン=クラカワー 著 / 海津正彦 訳 / 文芸春秋 刊

道徳を云々できない高度で
[PR]
by Ashlain | 2005-04-28 18:35 | 読書記録

取り急ぎもう一冊

昨日に引き続き事故関連で。


『死角 巨大事故の現場』

柳田邦男 著 / 新潮文庫 刊

事故調査とは?
[PR]
by Ashlain | 2005-04-27 21:29 | 読書記録

言葉を失いました。

昨日散歩に出る前にテレビつけてみたら、原型なくして
建物の壁に張り付いてる電車が映ってました。

ひどい事故が起きてしまったようで…なんとも。
関西方面に知人や親戚はいないので、不安に晒される
こともなく黙ってニュースを見ております。

検証などは現場の状況がひとまず落ち着いてから
始められるのでしょうが、その前に読んでおきたい本が
何冊かあったので読んでみました。


『巨大事故の時代』

高木仁三郎 著 / 弘文堂 刊

破局の背後にあるもの
[PR]
by Ashlain | 2005-04-26 20:07 | 読書記録

【猫】【わたしのもの】

今日はお休み。
午後から相方と散歩に行きました。

家の近くの川べりに公園があるので、その近辺を
ぶらぶら歩こうか、ってな話だったのですが…。

その公園、猫がやたら多いんですよね。
↓こんな感じで。

b0008039_21194664.jpg


しかもみんな人慣れしてるらしくて、近づいても逃げないし
撫でさせてくれる猫もいたりして。

私も相方も猫好きなもんで、まあちょっとばかり期待して
その公園に行ったわけですよ。

【膝】【わたしのもの】【おやすみなさい。】
[PR]
by Ashlain | 2005-04-25 21:38 | 日常のできごと

One more chain

『空白の天気図』『千の太陽よりも明るく』と続けて読んで、
前世紀前半の科学史に興味を惹かれました。

そこで読んだのがこれ。

『アシモフの原子宇宙の旅』

アイザック=アシモフ 著 / 野本陽代 訳 / 二見書房 刊

物質はどこまで小さく分けられるか?
[PR]
by Ashlain | 2005-04-24 20:36 | 読書記録
Blog読んでて察しのいい方はお気づきでしょうが、
私は図書館で仕事をしております。
読書記録など載せているのもまあそういう仕事柄、
というわけなのですね。

司書と同じような仕事をしていますが、司書ではありません。
職種はフツーの事務屋(事務職員)だったりします。

私が勤めている市には司書のみの採用枠がなく、
専門職(司書)でない職員も図書館に配属されたりします。
無論、最低限必要な知識は研修で身につけるわけですが。

そういう形で図書館に配属される事務職員も、
希望&推薦があれば司書の資格を取るための講習を
受けることができます。
まあ、訓練を受けた素人よりも資格を持ったプロが多いほうが
何かとお客さんにサービスしやすいわけですから。

私自身は2年ほど前から、この司書講習に参加を希望
してきてました。ただ、推薦枠が全市で2名と狭いのです。
なので、私のところまで推薦が回ってこなかったのですが…。

来たんです。
[PR]
by Ashlain | 2005-04-22 20:24 | 日常のできごと

反対側から眺めてみる。

先日読んだ『空白の天気図』から、ちょっと展開してみました。
同じ「8月6日」に反対側から関わった科学者たちの記録です。

『千の太陽よりも明るく -原爆を造った科学者たち』

ロベルト=ユンク 著 / 菊森英夫 訳 / 平凡社 刊

「核」はいかにして生み出されたか?
[PR]
by Ashlain | 2005-04-20 19:06 | 読書記録

日本の思い出

昨日はお休みだったので、昼間からぼちぼちと
ソロで狩人を上げておりました。

今まで弓術のみで来たわけですが、「射撃も
上げておいた方がいいよ」とLSでアドバイスを貰ったので、
ちまちまとした経験稼ぎ&スキル上げを兼ねてコンシュで
ミミズを撃ってました。

途中PTに誘われたり、そのPTが1時間と経たずに解散したり、
スキル上げしてたらPLしてる2人組に「どっか行けよ!」って
罵られたりと色々ありましたが無事30近辺まで射撃がup。

そんなさなか、通りがかりのバミクロ着た猫さんに
辻プロ&辻シェルを頂きました。

「ありがとう」とSayしたけどお返事なし。

「Thank You!」と声をかけて、ついでに/kneelしたら、
/blushして走り去ってしまわれました。

こっちはそれっきりまたミミズ撃ちに戻ったわけですが、
しばらくしてからTellが来たのです。

猫>Ash 「【日本語】&【英語】?」

以下、意訳。
[PR]
by Ashlain | 2005-04-19 20:02 | FFXI

試験されてきました

昨日は春の情報処理試験の日。
私も受けてきました。一番簡単な初級シスアドでございます。

大学出てからこっち、まともに試験受けたことなんて
絶えて無かったわけでして……。
難易度を云々する以前にえらく疲れました。

長いんですよね、とにかく。
[PR]
by Ashlain | 2005-04-18 18:43 | 日常のできごと
昨日は3日ぶりくらいにまともにFFをプレイしました。
ここんとこ、サーバー落ちてばっかりでしたし。

アタック受けてるみたいで、関係者の方は大変そうです。
早く解決するといいんですが。

さて、昨日はまずコンシュでミミズ撃ち。
先日、赤魔で短剣のスキル上げをしていた折、ついでに
弓術もやってみるかなーとぷちぷち撃っていたところ、
なんか楽しくなってきて勢いで狩人を上げ始めて
しまいました。

イイデスネ飛び道具。
病み付きになります。
あの「さくっ」と敵のバーが削れる爽快感がたまりませんヽ(´ー`)ノ

何度かゴブさんに絡まれて戦闘不能になりつつ、
とりあえず8 → 10までup。

今日は大事な予定があったので、落ちる時間を見計らいつつ
ミミズを射殺し続けていると、落ちたまま入れなかったらしい
リーダーがログイン。
最近上げているシフの篭手クエをやろうと思っている、との由。
場所はダボイ・修道窟だとか。

箱と言えば鍵。
[PR]
by Ashlain | 2005-04-17 18:46 | FFXI